粗大ごみとして回収してもらえないものを知っておこう

recycle.biz

不用品を処分する4つの方法を確認しよう!粗大ごみの捨て方も紹介

粗大ごみとして回収してもらえないものを知っておこう

作業員

リサイクルショップに売る

リサイクルショップに不用品を売ることで、処分することができます。リサイクルショップに大きな家具や家電を持ち込むのは大変なので、自宅まで引き取りに来てくれる出張買取サービスを行っている買取店を利用するといいでしょう。

廃品

オークションサイトを利用する

オークションサイトは、個人で出品して落札されたら発送するという流れになります。ですが、商品が売れないといつまでも処分できず、置き場所に困ってしまうでしょう。ですが、一番高く売れる見込みのある方法です。取引は個人間で行われるので、トラブルが発生しないように気を付けましょう。

部屋

自治体に粗大ごみを回収してもらう

不用品を自治体に粗大ごみとして回収してもらう方法です。処分するまでの手順は、東京や神戸など地域によって変わります。大きい家具や家電の場合は、電話で回収の予約などを行う必要があります。

不用品

廃品回収してもらう

不用品や廃品を回収している業者を利用します。自治体の粗大ごみ回収より料金は高いことがほとんどです。ですが、サービスが充実しているので、手間を省きたい方は利用してみるといいでしょう。

粗大ごみとして回収してもらえるものとそうでないもの

回収してもらえるもの

粗大ごみというくくりで回収してもらえるものの限界サイズは、30cmとされています。また、プラスチックや木、金属でできているものは、回収することができません。なので、30cm以内で回収可能な素材のもののみとされています。

回収してもらえないもの

テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンは法律によってリサイクルすることが義務付けられています。なので、自治体では回収することができません。また、タイヤや石油、ガスボンベなども回収することができないので、もしこういったものを処分する場合は、不用品回収業者を利用しましょう。

広告募集中